東京書道教育会の講座内容や口コミ、費用などを解説しています。東京書道教育会は、書道やボールペン字などの文字関係の通信講座を行っています。会社となります。自筆で美しい文字を書きたいという方は一度ご確認ください。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 東京書道教育会のグッズ

東京書道教育会のグッズ

東京書道教育会の筆順大字典で正しい書き順を覚えよう

東京書道教育会は通信講座以外にも独自の商品を販売しており、その一つの筆順大字典を紹介したいと思います。

 

筆順大字典は文字の正しい書き順を調べるための字典となります。文字の綺麗さと書き順は密接な関係であり、正しい書き順を覚える事は綺麗な文字を書く事に必要な要素となります。

 

東京書道教育会の筆順大字典は全二巻のセットで、常用漢字と人名漢字合わせて2,229文字。さらに楷書・行書・草書といった崩した文字を合計6,687文字。全ての合計で16,015文字が収録されています。

 

常用漢字や人名漢字などは普段見慣れている事も多く、書き順を知っている方も多く綺麗に書ける方も多いと思いますが、楷書・行書といった筆で書く文字となると難易度があがり、草書ともなると読む事も難しいという方もいると思います。東京書道教育会の筆順大字典はそういった普段見る漢字から普段見ない漢字まで全て収録されています。

 

日常生活において東京書道教育会の筆順大字典が必要なほどで多くの漢字を使う事はないかもしれませんが、仕事で宛名やお中元・お歳暮といった物に文字を入れるときや、手書きで文章を提出しなければいけない時など仕事などで活躍する場面は多くあると思います。

 

他にも、子供に漢字を教える時など、書き順が違ったりすると子供も間違って覚えてしまいますし、最悪書き順が違う事を子供から指摘されてしまう事もあるかもしれません。そういった事にならないためにも書き順が曖昧という方は東京書道教育会の筆順大字典を家に置いてみてはどうでしょうか。

東京書道教育会の脳活写経で脳を元気にしよう

東京書道教育会の脳活写経で脳を活性化する事ができ、様々な効能を得ることができるので脳活写経について紹介します。

 

まず写経について説明すると、写経とはお経などの経文を書き写することを指し、古くは仏典の保存などを目的として行われていたものです。

 

写経は複雑な文字を長時間書くので脳の活性化作用し、自然治癒力が上昇する。集中力や忍耐力がつく。字が上達するといった様々な効能があるとされています。これは長時間1つの事に集中する為に得られる作用といわれており医学的にも証明されています。

 

東京書道教育会の脳活写経は医学的根拠の元に写経を監修したもので、監修には富山短期大学脳機能解析学教授であり医者でもある田渕英一さんが医学的根拠の元、脳活写経の監修をしています。

 

東京書道教育会の脳活写経はただ書くのでなく、5つのポイントを重視しています。

 

①読む

最初はお経を覚えるのは難しく感じると思いますが、繰り返し読むことで記憶がより強固になっていき、記憶回路の老化防止に繋がります。

 

②書く

お経に使われている文字は日常的には中々使わない漢字が多く、しっかり見なければ書けません。記憶だけで書くことができないので効率的に脳の言語面を活性化させる事ができます。

 

③唱える

声に出すというのはストレス発散に繋がりますので、間接的ではありますが精神を安定させる事ができます。

 

④聴く

付属のCDでお経を聞く事ができます。聴覚は人間の感情に強く作用しますので、お経によって落ち着く事ができます。

 

⑤触る

歳をとるほど動くことが減り、それに合わせて触覚も使われる頻度が減るといわれています。東京書道教育会の脳活写経では文字をなぞったりする事で触覚を意図的に使うようにできていますので老化防止効果が期待できます。

 

様々な効果、特に老化に対して高い効果のある東京書道教育会の脳活写経ですが、見た目的にも綺麗なのでおじいちゃんやおばあちゃんに写経のプレゼントとして渡すのも風情があって良いのではないでしょうか?

東京書道教育会の出しているDVD『湖山先生の教え』とは

東京書道教育会の名誉会長である續木湖山先生と、東京書道教育会が販売しているDVD集『湖山先生の教え』がどのような物かを紹介します。

 

續木湖山先生は1991年に愛知県で生まれました。その後1932年に愛知県第一師範学校を卒業し愛知県内の小学校で教員として書道の世界に足を踏み入れる事となります。さらに6年後の1938年に文部省試験検定の習字に合格し、そこからは様々な学校で教諭や教授として書道の道を進んでいきます。

 

東京書道教育会と續木湖山先生の出会いは1978年に理事として就任した事から始まります。理事に就任してから5年後には續木湖山先生は東京書道教育会の理事長に就任する事となります。そのような輝かしい功績を残している續木湖山先生の教えを収録したDVD集が東京書道教育会の『湖山先生の教え』です。

 

『湖山先生の教え』は全4巻から構成されたDVDで、姿勢から筆運び、書く速度といった書道のコツを余す事なく収録されています。

 

それぞれのDVDに収録されている内容は1巻は楷書、2巻は行書の書き方となります。それぞれ楷書と行書の基本的な書き方から始まり、発展、古典の3部構成となっています。

 

DVD3巻は漢字条幅作品製作の書法で、續木湖山先生の作品作りを最初から最後まで見ることのできる”見て覚える”ためのDVDとなっています。続いて4巻の内容は續木湖山先生の作品紹介と、どのような想いで作品を作ったかを知る事ができるDVDとなっています。

 

これら全てのDVDを見る事で、續木湖山先生の書き方から姿勢、作品に対する想いまで全てを知る事ができるのです。

Page 1 / 212

▼ 公式サイトへ ▼

PAGETOP
Copyright(c) 東京書道教育会の講座内容、口コミ、費用など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「東京書道教育会の講座内容、口コミ、費用など解説」(http://www.kuuskajaskari.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。