東京書道教育会の名誉会長である續木湖山先生と、東京書道教育会が販売しているDVD集『湖山先生の教え』がどのような物かを紹介します。

 

續木湖山先生は1991年に愛知県で生まれました。その後1932年に愛知県第一師範学校を卒業し愛知県内の小学校で教員として書道の世界に足を踏み入れる事となります。さらに6年後の1938年に文部省試験検定の習字に合格し、そこからは様々な学校で教諭や教授として書道の道を進んでいきます。

 

東京書道教育会と續木湖山先生の出会いは1978年に理事として就任した事から始まります。理事に就任してから5年後には續木湖山先生は東京書道教育会の理事長に就任する事となります。そのような輝かしい功績を残している續木湖山先生の教えを収録したDVD集が東京書道教育会の『湖山先生の教え』です。

 

『湖山先生の教え』は全4巻から構成されたDVDで、姿勢から筆運び、書く速度といった書道のコツを余す事なく収録されています。

 

それぞれのDVDに収録されている内容は1巻は楷書、2巻は行書の書き方となります。それぞれ楷書と行書の基本的な書き方から始まり、発展、古典の3部構成となっています。

 

DVD3巻は漢字条幅作品製作の書法で、續木湖山先生の作品作りを最初から最後まで見ることのできる”見て覚える”ためのDVDとなっています。続いて4巻の内容は續木湖山先生の作品紹介と、どのような想いで作品を作ったかを知る事ができるDVDとなっています。

 

これら全てのDVDを見る事で、續木湖山先生の書き方から姿勢、作品に対する想いまで全てを知る事ができるのです。


 
▼ 公式サイトはこちら ▼
カテゴリー : 東京書道教育会のグッズ