東京書道教育会は通信教育を中心に行っていますが、通学をして学ぶという事も可能となっています。

 

東京書道教育会には東京書芸学園という通学部があり、それぞれ東京校と大阪校の二ヶ所へと通学する事ができるようになっているのです。

 

東京書芸学園は1970年に開校した書道などの文字に関する事を専門とした学校で、東京書道教育会の90年以上に渡って培われてきたノウハウを学ぶ事ができる場となっています。東京書道教育会は学園を設立する以前より塾の運営にも携わっており東京書芸学園はそういった教育面の集大成とも言える学園なのです。

 

東京書道教育会が母体となっているので書道や実務書道、ボールペン字といった通信教育で学ぶ事ができる内容はもちろんの事、東京書芸学園では通学ならではの授業を学ぶ事ができますので、通学ならではの教育を紹介したいと思います。

 

 

『書画』

書画とは書作品と絵画作品の総称で、自分なりにアレンジした絵を描いてそこに文字を添える形の作品です。文字ではなく絵の勉強もする事になりますので楽しみながら勉強をする事ができ、文字だけに囚われない独自の世界観を出す事のできる授業となります。

 

 

『篆刻入門』

篆刻入門とは自分の手で判子を作る授業になります。ここまでくると書道と関係なく思えるかもしれませんが、どのような作品も雅印を押すと非常に高級に見えるようになる事からも地味ながら重要な役割を持った部分といえます。

 

篆刻入門ではそんな作品に押す雅印や判子を自分の手で作る事ができるので、世界にひとつだけの判子で作品を彩りたいというこだわり派の方におすすめとなります。


 
▼ 公式サイトはこちら ▼
カテゴリー : 東京書道教育会の気になる情報